外国人の会社設立の手続きについて

質問

私は日本人ではありませんが、外国人が日本で会社を設立することは可能なのでしょうか。
出来るのであれば、詳しい手続きの方法を教えて下さい、よろしくお願いします。

答え

外国人が日本で会社を設立するということは、もちろん可能です。
自分の国でなければ会社を設立することが出来ないというわけではありませんので、安心して下さい。
ですから反対に日本人であったとしても、外国で会社を設立することは可能ということです。

外国人が日本で会社設立するには

外国人が日本で会社を設立する方法としては、いくつかあるので紹介します。
まずは日本法人の設置ですが、これは普通の日本の会社と同じになります。
日本で会社を設立し、日本の会社として日本で活動を行うということになります。
次の方法は、日本支店の設置です。
この日本支店の設置には少し時間がかかりますが、海外に本店があるという場合にはこの方法が用いられます。

短期商用ビザ取得や駐在事務所の設置

次の方法は、短期商用ビザの取得です。
日本と本国との間を往復しながら、活動することとなります。
短期商用ビザには15日・30日・90日の3パターンがあり、用途に応じて申請することとなります。
拠点は海外になり、買い付けや商談など出張という形で仕事をします。
そして最後の方法としては、駐在事務所の設置になります。
これから日本で本格的に事業を展開する為にの前座的なものと考えるとよいでしょう。
事前に駐在事務所を設けて、情報収集や商品の仕入れ・市場調査などを行います。
本格的な事業を行うことが出来ないので、この方法はあくまでも下準備ということになるので注意が必要です。
この方法の中から、自分に合ったものを選択して会社の設立を行うとよいでしょう。

フィード