会社設立に必要な費用

質問

30代の会社員です。いずれは会社を設立したいと考えていますが、会社設立にはどの程度の費用が必要になるのでしょうか。
多いに越したことは無いと思いますが、最低どの程度の金額を用意しておけばよいのでしょうか。

答え

会社の設立を考えているということですが、現在は会社設立に当たってそれほど多額の費用は必要ありません。
一般的なイメージとして、「会社を作るのだから、破格な金額が必要になるのでは?」と考えてしまう方も多いようですね。

会社設立に際しての費用-1円という資本金

2006年に新会社法が制定されるまでは、実際に資本金として1000万円以上の金額を用意する必要がありました。
でもこの新会社法が制定されてからは、1円という資本金であっても会社を設立することが可能となりました。
ですが全く費用が無いというのに会社を作っても、ある程度の運転資金を用意しておかなければ会社の経営を行うことは出来ません。
それに資本金が必要なくても、会社設立の為の手続き費用として最低でも24万円は必要となります。
内訳としては、定款や議事録の作成に必要な印紙税代として40000円・公証人による定款の認証費用として50000円。
その他に、登記の際の登録免許税代として150000円程度の費用がかかることとなります。

新会社法の低資本金制度で24万円で会社設立

合計で約24万円の費用があれば、会社を設立することが出来てしまうのです。
会社を設立することが夢の夢だと思われていた方にとっても、この24万円という数字を見れば実現出来る夢であると思われたのではないでしょうか。
ですから会社を設立する為には、最低24万円の費用を用意しておけばよいということになります。
勘違いしてはいけないのは、この費用は会社設立の為の費用だということです。
24万円あれば会社を設立することは出来ますが、その先の運営に関しては別の話になります。
きちんと運転資金も用意しておく必要があるでしょう。
資本金の相場としては、6ヶ月間程度運営することが出来る程度は必要とされています。
50万円から300万円程度の金額は、皆さん用意されて会社を設立されているようです。

フィード