会社設立手続きに欠かせない必要書類

質問

40代のサラリーマンですが、今から会社設立に向けて準備を進めているところです。
会社設立の為に、どういった書類を用意すればよいのでしょうか。詳しく教えて下さい。

答え

会社設立の為に準備を進めているということですが、自分で手続きを行う為にはいくつかの書類を用意しなければなりません。
書類を用意すると聞くと、難しいのではないかと躊躇してしまう方も多いようです。
ですが、会社設立の為に用意する書類というのはそれほど難しいものではありません。
簡単に用意出来る書類ばかりなので、ひとつずつ順番に揃えていくようにしましょう。

会社設立に必要な書類

会社設立の為に用意しなければならない必要書類を記載しておきます。
まずは現在の会社の資本金をを示す為の書類として、金融機関への資本金払い込みの際に発行される保管証明書もしくは残高証明書が必要です。
そして次に登記にかんする書類が必要となります。就任承諾書・発起人決定書・資本金計上証明書・設立時代表取締役選任決議書を用意しなければなりません。
さらに、登記申請書・定款・登録免許税納付用台紙・OCR用申請用紙・代表取締役の印鑑証明書・代表者の印鑑届出書なども必要です。
会社設立の為に用意しなければならない書類というのは、ほとんどが登記に関する書類ということになりますね。

会社設立必要書類をスムーズに用意しよう

これらの書類を全て揃える為には、さほどの時間はかからないでしょう。
会社設立の為には、必須かつ重要なことなので頑張って用意するようにして下さい。
それぞれの書類についての書き方などは、会社設立の為のサイトなどに詳しく掲載されています。
そういったサイトを参考にして、記述するようにして下さい。
どうしても分からないと言う場合には、専門家に相談して見るのも良いでしょう。

フィード