会社設立の為の手順について

質問

40代のサラリーマンです。会社設立を計画中で手続きについて調べています。
やらなければならないことがたくさんあって、どのように進めていけばよいのかわからなくなってしまっています。
会社設立の手順を解りやすく教えて下さい。

答え

そうですね。会社設立の為にしなければならないことはたくさんあります。
ですが順序通りに行っていけば、それほど難しいものではありません。
新会社法が施行されてからは、さらに手続きが簡単になりました。
ですが先入観からか、会社設立と聞くと手続きが難しいと思ってしまう方もいらっしゃるようです。
会社設立の手順をまとめてフローチャートで記載しておくので、参考にして見て下さい。

会社設立の手順フロー

1.商号や目的・本店所在地などを決めておく
   ↓     
2.会社の印鑑および印鑑証明の作成
   ↓
3.定款の作成
   ↓
4.定款の認証
   ↓
5.金融機関への出資金の払い込み
   ↓
6.設立の登記に必要な書類・申請書の作成
   ↓
7.登記の申請・会社謄本と印鑑証明の収得・金融機関への提出
   ↓
8.諸官庁への提出

といったような流れになります。お分かり頂けたでしょうか。
こちらのフローチャートは、あくまでも一般的な会社設立方法となります。
それぞれ個別の手続きで、困ってしまうこともあるでしょう。

会社設立には代行サービス利用も一手

全ての手続きを自分でしようとするのは、とても困難で時間もかかってしまいます。
すから、会社設立の代行サービスにお願いするというのもひとつの方法でもあります。
会社設立の時に立ち止まってしまうことのないように、スムーズに手続きを進めたいものです。
会社を設立する時に時間や労力を費やしてしまうというのは、あまり良いものではありません。
自分に合った最適な会社設立法を見つけ、スムーズに事が進むように心掛けましょう。
会社を設立したあとの事業運営の方に、労力を惜しまずに注ぐとよいのではないでしょうか。

フィード